お疲れの自分にも優しかった、自画自賛のキッチン収納

ぐったり疲れて帰ってきた時、「一旦座ってしまって動けない」ってこと、ありません?
わかっていても「とりあえず座りたーい!」って時、ありません?

先日、若干体力のない私が帰宅して何気なく座って感じた、

さえたん
この収納システム、我ながら感動するわ!
と思わずつぶやいた場所をご紹介します。

引越して最初に考えて作った「ドリンクコーナー」

実はここ、すでにブログに書いています。

「動かないで楽チン!だけでないメリットも。ドリンクコーナーの工夫」

キッチン全体からの様子などはこちらを見ていただけるとよくわかるかと思います。

「家族5人がそれぞれ好きなタイミングでお茶したり、
食事時に飲み物を用意したりする時の楽チン収納スペース。
ポットのお湯だけ汲んできて、沸くのを待つ間にほとんど動かないで飲み物の準備ができます♪」
というのがこのスペース。

ほんまに動かなくても!

ほとんど、と書いていましたが、本当に椅子に座ったままコーヒーが飲めたので、写真で再現しました!

座ったままでコーヒー飲めるでスポット

さえたん
はー、疲れた。とりあえず座ろ
と座るのは、ダイニングテーブルの一角。

「まずはポットをスイッチオン。」座ったまんま、届きます。

お湯が沸く間に、

「コップ用意して〜。」座ったまんま、届きます。

「コーヒーにしよかな」パックのドリップコーヒーが楽チンで愛用してます。座ったまんま、届きます。

「お湯わいた〜」座ったまんま、届きます。注いでコーヒー完成。

「ゴミはゴミ箱に〜」もちろん、座ったまんま、届きます。

ゴミ箱は毎日必ずまとめてベランダに出すので、多少水分を含んでいてもOKとしています。
ドリンクコーナーの足元にあります。テーブルで出たゴミは全てココに捨てます。

紅茶の時は・・・

茶葉はコーヒーの隣のカゴです。

手前にぶら下がっている、「マナtea」君はティーストレーナーです♡

めっちゃ、癒されます 笑

さえたん
ん?ポットにお水がないときはどうするって?
子ども隊に「お水くださーい!」ってお願いしまーす 笑

考えた収納は、思わぬ効果を産んでくれます。

暮らしに合わせて、システムや収納は進化していくもの

田中家の収納テーマは「自己責任ハウス」
自分のタイミングで自由に使い、しまう。

このコンセプトに「楽チン」「簡単に」がベースになっている我が家の収納は、前の住まいから何度もブラッシュアップしてきたものです。

キッチンのこのスペースは、引越前にずいぶん考えました。
考えただけに、最初に考えていたよりもナイス!な場所になりました。

「思考の整理」は効果大

片づけたい、と思う場所がどうなったらいいと思いますか?
何があって、何がなかったら使いやすくなりますか?

すぐに片づけに取り掛かる時間がなかったとしても、気になる場所を見つめてあれこれ考えてみてください。
使いにくいなー、と感じたら、そのストレスを書き出してみるのもいいと思います。

片づけが得意でない方ほど、ぜひ「しっかり考える」時間を大切に!
ものを動かす前にシュミレーションしてみてくださいね。

 

「それでもわからん!」ときには、ライフオーガナイザーにご相談を^^