自分のための時間と、人生第2ラウンドへ【チーム田中へ】

基本は進んで家事なんてしたくないけど、生活には必要だからやりますよ、というスタンスの田中家。
家族へのインタビューは、タグ:チーム家族構成員インタビューをどうぞ〜。(記事の最後にタグが出ています)

田中家の現在の暮らしに至るまでのことを書いています。

人生第二ラウンド

夫婦の関係、親子の関係、私の人生。
これを機に、見直さなければいけないことがたくさんあるかも・・・と気づいた私。

ライフオーガナイザーに出会う。

このままパパに頼り切ってはいけないのかも、と思った私は興味を持った整理収納アドバイザーを取得に行きました。
仕事として、となんとなくでしたが考えるならと、1級まで一気に取得。

2級講座の先生が日本ライフオーガナイザー協会の立ち上げに関わっておられたのがきっかけで、「ライフオーガナイザー」の存在を知ります。
そしてライフオーガナイザー2級認定講座を受けました。

すでに整理収納アドバイザー1級をとっていたので、どうしようかなーと思っていた時に、ライフオーガナイザーのチャリティイベントがありました。

偶然にも旦那さんがお休みだったので、丸一日イベントに参加しました。
その日もブログを書いてます。

学びたい、伝えたい!

その日のチャリティイベントは盛りだくさんで、片づけだけでなく、暮らし方、生き方を考えるきっかけになった日でした。
そして漠然と、

さえたん
もっと学びたい!私もライフオーガナイザーになって、伝える人になりたい!
と思ったのを覚えています。

1級への想いを書いてたブログも残っています。
そして1級を取得することにしました。

自分のための時間!

それから3ヶ月かけてライフオーガナイザー1級講座を受け、ライフオーガナイザーになりました。

仕事を辞めて10年近く。
新しい何かを学ぶこと、自分のために時間を使うことがとても新鮮で、毎日が充実して、夢中でした。

その頃はちょうど上の二人が小学生になっていて、末っ子が一人家にいる頃。
自分で家を片づけては、仕組みを考えたり、子ども隊の様子を観察してみたり。
久しぶりに自分の暮らしを見つめる時間。


写真は書類の棚にクリスマスの飾りをつけた時の写真。
自分のための書類や教材を入れる棚ができるなんて、思ってもなかったな。

その頃やっと、「自分の人生」について考えるようになりました。
2011年は、確実に私の人生にとっては転機だった1年。

暮らしに浸透するまで

それから自分の学んだ知識をかき集めてセミナーをしたり、手探りで活動を始めました。

自分の暮らしにライフオーガナイズが浸透したなーと思うまで、学び始めてから2年くらいかかった気がします。

講師になりたいと思ってライフオーガナイザーになったので、マスターライフオーガナイザーになって伝える立場になって、やっと知識が体験と交わり、暮らしの仕組みが出来てきた!と思えるようになるまで、2年です。


当時のお片づけDAYの様子。みんな幼い〜。

でもその頃は、まだまだ自分のことばっかりで、チームには程遠い状態でした。

ABOUTこの記事をかいた人

田中佐江子

ライフオーガナイズを基本に、お母さんがかわいく・賢く・楽しく・朗らかに生きるためのヒントときっかけをお伝えしています。 お母さんが楽になって家族も自立する仕組み作りが得意です。