母の言葉の影響力【子ども隊インタビュー】

2018年4月23日に受けたセミナー、
植木希恵さん(HP:きらぼし学舎)の「子どもの気持ちの受けとめ方」
レポート記事はこちら

その中できえちゃんがお子さんに聞いた「お母さんから言われた言葉ランキング」というのがありました。
面白いので、我が家でもインタビューしてみました!

今回はホストしていたオーストラリア・シドニーからの留学生、アイシャちゃんにも「ママから言われて〜な言葉を教えて?」と聞いています。

言葉ランキング

きえちゃんが挙げていたトピックスとしては、4つ。

  • 嬉しい言葉
  • 元気になる言葉
  • くそ〜と思う言葉
  • 悲しい言葉

それぞれに聞いてみました。

嬉しい言葉 “Makes me Happy!”

お嬢
理解を示してもらった言葉
お嬢の場合は「これ」と言った言葉が出てこず、私が彼女の言動に理解を示した時に嬉しいと感じるそうです。
ボン
「よくできてるやん。」「かわいいな〜」「ガスト行こか?」
ボンもなかなか出てきませんで、「晩御飯カレーやで」「チーズ買っといたで」とか笑、そんなんばっかりでした。
母とのデート、まだ楽しんでくれてるんですかね^^

一番スラスラ出てきたのは末っ子。

末っ子ちゃん
ありがとう。助かる。大好き!
などなど。シンプルでわかりやすい言葉たち。

そしてアイシャは、
“Welcome home!”(おかえり) ”Are you OK?”(大丈夫?)
でした。

気にかけてくれている、理解されている、愛されている、と言う言葉ですね。

元気になる言葉 “Cheer me up!”

お嬢
“You can do it!”と「天才やな」
お嬢、なぜか英語で 笑

ボンはこちらもなかなか出て来ず 苦笑

ボン
「あきらめるな!」と「上手やん」かな。

末っ子は、

末っ子ちゃん
「がんばって!」と、「一緒にお風呂入ろう」
だそうです。

アイシャは
“Don’t worry!”(心配ないよ) “Keep trying!”(がんばれ!)
でした。

こちらも承認、気にかけてくれている、と言った言葉が多かったです。

イラっとする言葉 ”Annoyed”

やたら出てくる、イラっとする言葉 苦笑

お嬢
「考えろ!」考えてんのに、これ以上何を考えろと?って思う
そうです。。。

ボン
「調子乗んな」
あー、めっちゃ言うわ。笑
母からすれば、「言わすな!」って感じですけどね。
ボン
あと、「あんたのために言うてるねんで!」
これはもう言うまい、と思っていますが、しっかりインプットされているようです。

末っ子ちゃん
泣くな。汚部屋、汚ギャル、臭い、汚い・・・
そんな言うてますやろか😅
お風呂入らなかったり、部屋が片付いてなかったりするんでね・・・。

アイシャはまさかの「バカ」
彼女は幼馴染が日本人のハーフで、結構日本文化に通じています。
「ママが言うの?知ってるの?」と聞いたら、知ってるのだそうです。
ある意味、ちょっとショックでした。
あとは“Not good enough”(まだまだね)でした。

その他、「動いたら?」「終わらせーや!」など、しょっちゅう使ってる言葉がわんさか。

さえたん
もうごめんなさい、それくらいで結構です・・・
と言うくらいいっぱい出ました 笑

命令や決めつけの言葉、認められてない感じの言葉が多いですね。
だいぶ減ったと思うねんけどな〜

悲しい言葉 ”Makes me sad”

お嬢
おデブ。うるさい。あと、「あとよろしくね」丸投げされて絶望感すごい。
・・・あてにしてるんですよ・・・
おデブキャラは愛情の部分もあるのはわかってくれてるようですが、JKには禁句ですね。反省。

ボン
「もう〜。ほっといて!」「ベッド入らんといて!」
自分はハイベッドなので面倒なのか、しょっちゅう私のベッドにゴロゴロしてはるんですよ。

末っ子ちゃん
「お仕事行ってくる」「お留守しててね」「先寝るよ」
とにかく一人になる、寂しく感じるのは悲しいそうです。

アイシャも、寂しく感じるのかな?
“Good Bye” “Time to go to school!”(学校の時間よ!)と答えていました。

母の一言の重大さ

改めて聞いてみて

この機会に聞いてみて、

  • 私の気持ちがそのまま伝わっている言葉
  • 意外な取られ方をしている言葉

があるなぁ、と思いました。

ポジティブな言葉は私も嬉しい、元気になってほしいと思って口から出ている言葉ですね。
そしてイラっとする言葉は、私もイラっとして発している言葉です。

悲しくなる言葉が案外意外なものが多かったですかね。
悲しくなる、と寂しい、の気持ちは隣接してますね。
気をつけようと思います。特に末っ子はまだ小学生ってこと、気にかけておかなければ。

聴く順番、大切 笑

嬉しいから始めて、イラっとする言葉を聞いているうちに、

さえたん
お母さんが悲しくなってきたわ・・・
と答えると、お嬢に
お嬢
順番が悪いねん。いい言葉で終われるように聞いたらええのに。
っとごもっともなアドバイスをいただきました。笑

もしご家族に聞かれる場合はご注意ください^^;

マップを書きながら

今回はアイシャにもわかってもらえるように、バイリンガルでマップを書きながらのインタビュー。

アイシャがイラストを書き加えてくれました。
短いステイながら、充実の時間が少しは持てたかな、と思います!

親子の関係は、万国共通ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

田中佐江子

ライフオーガナイズを基本に、お母さんがかわいく・賢く・楽しく・朗らかに生きるためのヒントときっかけをお伝えしています。 お母さんが楽になって家族も自立する仕組み作りが得意です。