「失敗」について子どもと一緒に考えてみた。

失敗は成功のもと
子どもはたくさん失敗させた方がいい

良く聞きます。

確かにそう思います。
私も日課のような失敗から、冷や汗が止まらない失敗まで、失敗体験は豊富です。笑

ただ、心置きなく失敗体験を増やしたらいいのか、というのも違う気がする。

その日、寝坊してパニクった息子を含め、子ども隊と「失敗」について考えてみました。

失敗てなんだ?

今回は、みんなの意見をマインドマップに書きました。
子ども隊もマインドマップは経験済み。

img_1025

そもそも、失敗ってなんでしょう。その時の気持ちと共に書き出しました。
これはこれは、子どもの性格が良く出た答えが出ました。

お嬢
成功への架け橋
ボン
絶望
ぶちこ
泣きたくなる

ある程度楽観的な長女。(そして中二病的 笑)
完璧主義ゆえ、悲観的な長男。
もっと完璧主義ゆえ、考えるだけで不安な次女。

こうしてそれぞれの捉え方を知るのも、面白いですね。

私は、失敗には偶然と必然があるんちゃう?と話してみました。

失敗したら、どうしたらいいのか?

その朝の寝坊で、切り替えて行動するように仕向けた私にやつ当たりして、放置された長男。

それを踏まえつつ、まずは「やったらアカンこと」を出してみました。
img_1026

よーくわかってますね(^ ^)

では、やったらいいこと。
最初、「やったらアカンことをしない」と小学生から出ましたが、脳のお話を少しして、否定形ではない方法を探しました。
img_1027

現実を受け入れる、
深呼吸する、
その時のベストを尽くす
など、前向きな意見が出ました。

お嬢
完璧を諦めたら完璧じゃない自分に出会う
とまた哲学的な意見も出ました。
さすがちょいちょい挫折もしてきている中学生、ええこと言う!

ポジティブ、運命思考、楽観的な私も、40歳にして立て続けに起こる失敗に学ぶことがありまして(苦笑)
どうしたら次に活かせるのか、を考えました。

必然で起こった失敗は、反省点を見つけて次は手だてを立てられる。
偶然、不運にも失敗した時は諦めることも必要。
素直に認めて謝る。
人に助けてもらうのはOK! その時はきちんとお願いする。

そして、そこにそれぞれが「落ち着くためにすること」を書きました。

最初は歌を聴く、だったのですがもっと能動的に、

お嬢
大好きな歌を歌う
ふてくされて座り込んだり、布団に潜ったりするから、という理由で
ボン
姿勢を正す
大好きなもふもふのぬいぐるみに癒してもらうそうで、
ぶちこ
ぬいぐるみを抱いて落ち着く
お湯をわかす、という行動も付いてくるので、
さえたん
お白湯を飲む
(パイタンスープ?って長女のボケ含む。)

となりました。

これを、廊下にある日用品が入った棚の内側に貼っておくことにしました。
次女はシュミレーションしてましたよ。
img_1007

こうして一緒に考えることは、一方的に親の見解を伝えるのとは違い、かなり響いたようです。

次の失敗に遭遇した時は、成長できるかもと思います。
周りもきっと、責めないで待つことができるようになりますね。

寝坊して逆ギレしてきた息子にブチ切れそうになりましたが(笑)
良い時間を持つことができました。

これからも「考えてみたシリーズ」やっていこうと思います!

Loading Facebook Comments ...

2 件のコメント

  • Hello! I’ve been reading your blog for a long time
    now and finally got the courage to go ahead and give
    you a shout out from Austin Texas! Just wanted to mention keep up the good job!

  • Wonderful work! That is the type of info that are meant to
    be shared around the net. Shame on the seek engines for no longer positioning this submit higher!
    Come on over and discuss with my site . Thank you =)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です